音声/データ統合ソリューション

コンピュータ

音声/データ統合ソリューション

おんせいでーたとうごうそりゅーし

音声通信とコンピュータデータ通信をひとつのネットワークに統合するソリューション。

VoIP技術により音声通信(電話)がIPネットワーク上で動作することができるようになったため、このソリューションが可能になった。

音声もコンピュータデータも同じネットワーク上で伝送されるため、大規模なオフィスでは優先制御や分離する技術が必要になり、かえってコストアップにつながる場合も少なくない。

まだ新しい技術であり開発費の関係より小規模システムで音声/データ統合ソリューションを実現している例は少ないがSelaza等がそれにあたる。