スマートフォン用の表示で見る

音素文字

一般

音素文字

おんそもじ

音素文字は、表音文字のうち、音素が表記の単位になっている文字体系のこと。母音と子音のそれぞれが字母を持ち、それらを組み合わせて発音を表すことで言語を表記する (原則として子音の字母しか持たないものや、母音を子音の字母への修飾によって表すものもある)。音素文字の例としては、アラビア文字デーヴァナーガリーラテン文字ローマ字)、キリル文字などがある。

音素文字に対して、音節が表記の単位となっている表音文字体系を音節文字と呼ぶ。

欧米では、音素文字一般を俗に「アルファベット」 と呼ぶことが多い。