下間頼廉

社会

下間頼廉

しもつまらいれん

天文6年(1537年)〜寛永3年6月20日(1626年8月11日)

日本の戦国時代から江戸時代の僧侶。武将。父は下間頼康。

浄土真宗の僧侶で本願寺法主顕如などに仕え、石山本願寺の坊官などを歴任した。