スマートフォン用の表示で見る

下山事件

社会

下山事件

しもやまじけん

1949年7月6日未明、当時の国鉄総裁下山定則が、常磐線北千住綾瀬間において轢死体で発見された事件。同年に起こった三鷹事件松川事件とともに国鉄三大事件と言われる。