スマートフォン用の表示で見る

下山定則

一般

下山定則

しもやまさだのり

国鉄初代総裁鉄道官僚1901年7月23日生まれ、神戸市出身。1949年6月1日、日本国有鉄道の発足に伴い運輸次官*1から国鉄総裁に就任した。

下山事件

1949年7月6日、東京都足立区常磐線北千住綾瀬間の線路上で下山総裁の轢断された遺体*2が発見された。これを下山事件という。他殺説と自殺説があり、真相は未解決のままであるが、就任早々大規模な人員整理に着手したところであり、他殺にせよ自殺にせよ、それが事件の背景にあるという推測が有力である。他殺説においては米軍諜報機関の陰謀を唱える者もある。

*1国鉄発足前、国有鉄道鉄道省から改組された運輸省現業部門だった。

*2:轢死か死後轢断かは鑑定者により意見が異なる。