下川凹天

マンガ

下川凹天

しもかわおうてん

大正から戦前にかけて活躍した漫画家。1892〜1973 沖縄県宮古島生まれ。「おうてん」は、「へこてん」とも呼ばれる時もある。

9歳の時に上京。北沢楽天の書生となり、漫画家となる。代表作に「男ヤモメの厳さん」。

また、1917年に、日本初のアニメーション作品「芋川椋三 玄関番の巻」を制作、公開したことでも知られる。


リスト::漫画家