下村幸男

スポーツ

下村幸男

しもむらゆきお

日本代表のサッカー選手・監督。

ポジションはゴールキーパー

1932年生まれ、広島県広島市出身。

1950年広島修道高校のGKとして国体優勝。

卒業後1952年、後の広島カープ球団代表の重松良典らと地元の東洋工業サッカー部に入部。

1954年、実業団チームとして初めて天皇杯の決勝に進出。

1956年、全日本実業団大会を初優勝。

1958年、第3回アジア競技大会日本代表に選ばれる。

1960年国体優勝。

1961年、引退し母校・修道高校のコーチとなり、森孝慈らを率いて国体・選手権2冠達成。

1962年東洋工業の監督に就任。国体実業団2冠。

1965年日本サッカーリーグ(JSL)発足。

小城得達桑原楽之石井義信今西和男などの地元出身選手や、松本育夫など学生界の花形選手を揃え、リーグ初年度を無敗で優勝。

1968年までリーグ四連覇を達成、JSL最多の5度の優勝に導いた。

更に天皇杯も3度制覇し(1965年、1967年、1969年)、黄金時代を築いた。

1972年藤和不動産サッカー部監督として、JSL1部に昇格させるとセルジオ越後らを率いてブラジル型の攻撃的チームの礎を築く。

1979年日本代表監督に就任。しかし僅か1年で辞任した。

現在は母校・修道中学の指導に当たっている。

長沼健は修道中学の2学年上。