下田崇

スポーツ

下田崇

しもだたかし

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー

1975年11月28日生まれ。広島県出身。

身長184cm、体重78kg。血液型B型

1対1に強く、決定的なピンチを何度も防ぐ守護神

年代別の日本代表に選ばれており、1995年のFIFAワールドユース選手権、1996年のアトランタオリンピックの代表に選出されている。アトランタ五輪では川口能活の控えGKだった。A代表には何度か選出されているが、国際Aマッチ出場はフィリップ・トルシエ時代の1999年の1試合のみである。

2008年以降は左膝の怪我の影響から出場機会が激減。2010年シーズンを最後に現役を引退した。