スマートフォン用の表示で見る

化学物質過敏症

サイエンス

化学物質過敏症

かがくぶっしつかびんしょう

喫煙、副流煙、長きにわたる化学物質摂取や、一度に大量に化学物質を摂取することによって引き起こされるとされる。シックハウス症候群とも関連があるとされる。

アレルギーによる症状と似たような症状が現れるとされるが、主に身体所見や生化学異常を伴わない主観的症状であり客観的症状に乏しい。場合によっては、死に至ることもあるとされるが、確認された例はない。

ブラインド試験で誘発反応が見られないことなどから、微量の化学物質の曝露によって様々な症状が生じるとする疾患概念自体に疑問が持たれている。そのため、臨床環境医以外の医療関係者からは心因性の症状もしくはアレルギー等の他の疾患と考えられることが多い。

予後は良好だが、化学物質による曝露を避けなければいけないためQOLが著しく低下する。

原因物質としてあげられるものは、各種の石油化学製品や抗生物質農薬食品添加物合成洗剤、香料、水道の塩素などの他、アルコール飲料やにおいの強い天然のもの、電磁波など極めて広範囲にわたり、個人差はあるものの一人の患者が多様な物質に反応してしまう点が、スギ花粉症などのアレルギーとは異なる。

加えて、例えば

ホルムアルデヒドに長期間さらされたことが原因で発症」→「水道の塩素にも耐えられなくなる」

という流れは、一般のアレルギー疾患とは異なっており、化学物質過敏症アレルギー疾患の一種として捉えることには、疑義を呈する医療関係者も多い。

詳しい原因や発症のメカニズムは明らかではなく、ドライアイや、花粉症などのアレルギー全般が増大傾向にある背景に、化学物質過敏症があるのでは、という声もある。

原因物質を排除した、クリーンルームでの生活で症状が緩和されることがある一方、精神医学的対応が功を奏することもあり、少なくとも一部には精神的なものが原因で起きるものがあるのでは、と主張する声もある。