化学兵器禁止条約 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約

かがくへいきのかいはつせいさんちょぞうおよびしようのきんしならび

(Chemical Weapons Convention、CWC)

通称:化学兵器禁止条約

1993年署名され、1997年に発効した多国間条約

条約の発効にともない、オランダハーグ化学兵器禁止機関OPCW)が設置された。

概要

化学兵器の開発・生産・貯蔵・使用を全面的に禁止するとともに、すでに存在する化学兵器および化学兵器生産施設を条約発効ののち原則として10年以内にすべて廃棄すること、一定の設備を持つ化学産業施設に対する検証措置をおこなうこと等を定めている。また、既存化学兵器の処分に関連して、1925年1月1日以降に他国領域内に同意なく遺棄した化学兵器については、遺棄国に処分に必要な費用や技術の提供を義務付けている。

背景

戦争時における化学兵器の使用禁止は、1925年ジュネーヴ議定書で定められていたが、開発・生産・貯蔵といった行為は禁止項目ではなく、そのために化学兵器の開発や生産が米国ソ連、日本などによって行われていた。イランイラク戦争湾岸戦争での化学兵器の使用あるいは使用の疑惑といった状況を背景にして、化学兵器の使用だけではなく、開発から生産、貯蔵までをも禁止するべきだとの国際世論が高まり、化学兵器禁止条約署名にいたった。