仮面ライダーゼロノス

テレビ

仮面ライダーゼロノス

かめんらいだーぜろのす

仮面ライダー電王に登場するライダーの一人。桜井侑斗が変身する。

基調となる色は濃緑色。

第40話以降はパワーアップ変身形態ゼロフォームを獲得し、こちらは基調となる色は赤褐色。

変身はゼロノスベルトにゼロノスカードを差し込むことによって行わるが、カードの枚数は限られており、番組初登場時で10枚。桜井侑斗は一度カードを使い切り、その後一度2007年の桜井侑斗が現れて補充した。

補充されたカードの一部は元のゼロノスカードのままだったが、一部は片面が赤くなった新たなるゼロノスカードとなっており、新しいゼロノスカードを使うことで桜井侑斗はゼロノス・ゼロフォームへと変身することが出来る。但し、前述の通りゼロフォームへの変身は過去の桜井侑斗が2007年で新たに築いた記憶を消費する。

変身後、ゼロノスカードは砂のように崩れ去って消える。ゼロフォーム用の新ゼロノスカードはガラスのように砕け散って消える。


ゼロノスアルタイルフォーム

ゼロノスベルトにゼロノスカードを差し込むことにより変身する。

イメージは牛若丸で、主に身軽に動き回っての戦闘を得意とする。

名乗り口上は「最初に言っておく! 俺はかーなーり強い!」

ゼロノスベガフォーム

ゼロノスデネブイマジンの能力を身につけた姿で、デネブの両手・顔・ローブがそれぞれ両肩・胸部・背中に装着される。

肉体の主導権はデネブが持っている模様。

デネブが合体した分体重がアルタイルよりも随分重くなっているが、全体的なデザインとしてもマントや肩甲冑がつき鈍重になった印象を受け、戦闘も重々しく戦うパワー系のスタイルに変わる。

名乗り口上は「最初に言っておく! ***!」という形をとり、***の部分は毎回変わるが、どれもどこか笑いを誘うセリフである(例:「胸の顔は飾りだ」「特に言うことはない」など)

ゼロノス・ゼロフォーム

ゼロノスカードの赤い面を前にしてゼロノスベルトに差し込むことにより変身できるゼロノスの第三にして最強の形態。

ベガアルタイルが濃緑色を基調としているのとはガラッと変わって、赤褐色を基調としたカラーリングであるが、このイメージ色の正体は鉄の赤錆。

これは、ゼロフォームへの変身するとその代償として、過去から2007年へとやってきた桜井侑斗が2007年で新たに築いた「桜井侑斗の記憶」が朽ち錆びて消滅する、というイメージで作られている為である。

尚、ゼロフォーム初登場回の番組前宣伝でゼロノスが「錆びても強い!」と言っているが、番組中で実際にこのセリフを言ったことはなく(2007.12.23現在)、口上はアルタイルと同じである。

ゼロガッシャー

ゼロノスが使用する武器。サーベルモード・ボウガンモードに変形する。

デネビックバスター

ゼロフォーム専用武器で、デネブが変形したガトリング砲のような武器。

デネブの意識はそのまま残っているようで、戦闘中にも喋ることが出来る。

ゼロフォーム変身時に変形することはデネブにとっても予想外だった模様。

尚、非戦闘時にはデネブの姿に戻ることが出来る。

Action-ZERO

ゼロノスがストーリーの中心となる回で流れるED曲で、歌は桜井侑斗&デネブ中村優一大塚芳忠)。

目次
  • 仮面ライダーゼロノスとは
    • ゼロノス・アルタイルフォーム
    • ゼロノス・ベガフォーム
    • ゼロノス・ゼロフォーム
    • ゼロガッシャー
    • デネビックバスター
    • Action-ZERO