スマートフォン用の表示で見る

仮面ライダーバース

テレビ

仮面ライダーバース

かめんらいだーばーす

テレビ朝日で放映中の仮面ライダーオーズに登場する、二人目の仮面ライダー

変身ツールであるバースドライバーは、カプセルトイガシャポン)をモチーフにして製造されたものである。人工的な生体強化スーツであるため誰でも装着することが可能。

現時点でのドライバー所有者は伊達明。


基本的にセルメダルの塊であるヤミーに対する戦闘を想定して造られており、ヤミーの体を削って大量のセルメダルをはぎ取りつつ回収する戦闘スタイルをとる。

半永久的な力を持つコアメダルを力の源としているオーズとは異なり、バースは使い捨てのセルメダルを動力としている。

そのためバースの運用には常にリソース上の制約が付いて回る(この点で変身に制限がある仮面ライダーゼロノスに似る)。

さらにセルメダルを動力源とする特性上、コアメダルの力の化身であるグリードに対しては非常に相性が悪く、通常攻撃はほとんど通じない。

しかし膨大に存在するセルメダルを用いることでエネルギーを集中的にチャージできるメリットがあり、一度に大量のセルメダルを用いた場合の戦闘能力はオーズを大きく上回ることもある。


使用武器はバースバスターと専用武装ユニット・CLAWs。

バースバスター

セルメダルから抽出したエネルギーを射出する軽機関銃。連射速度・威力はバースが任意に決定できる。

アンダーマウントされたセルバレットポッドを銃口部に装着することで必殺技・セルバーストを放つことができる。

非常に強力な反動が生じるため、生半可な力ではまともに発砲することすらできない。

CLAWs

バースの全身10か所に設けられたハードポイント・リセプタクルオーブに装着させる武装ユニットの総称。


の六つで構成される。これらはいずれも重機をモチーフとしている。

バースドライバーにセルメダルを投入することで、メダル一枚につきいずれか一つがバースの元に転送される。

ガシャポンをモチーフにしてはいるものの、転送対象のユニットはバースが任意で決定することができる。

全てを同時に装着することで、「バース・デイ」という強化形態になることができ、さらにメダルを一度に1000枚投入した状態では、支援ユニット形態「CLAWs・サソリ」となることが可能。