スマートフォン用の表示で見る

何気に

一般

何気に

なにげに

若者言葉。スラング誤用かどうかで論争がある。

『何気+に』説

「何気なく」の誤用である必要がない説。

‘気(け)’の意味とは別に、‘気(げ)’の意味に注目した用法。

‘気(げ)’は、外観からの推量を名詞化するものであり、意図や実態を示すものではない。

「何かあるかのように」を口実にする託調表現。「何となく」や「何だか」に近い用法。

「特定できない何らかの気がある状態」を意味するので、比較や根拠がない表現が可能。

確かな‘気(け)’ではなく、雰囲気などによる相対的で曖昧な推量の‘気(げ)’。

‘気(げ)’は周りに対する断定的なものではなく、自分の主観による多様なものであるという解釈。

「確かな拠り所がない主体状況」と「知覚対象が想定外な存在」を表す。

「何気なく」の省略の意味は、「何故か分からないが」という根拠のなさで解釈する。

『何気なく』の省略誤用説

確かな‘気(け)’がないこと。

「特に何かの意図もなく」の意味だけになってしまう。

*1

*2

意味

  1. 意識が不確かな主体状態を表現する副詞。「確かではないが」
  2. 対象が持つ意外な存在感を表現する副詞。「よくよく確かめると」
  3. 「何気なく」「何の気なしに」の意味。「特に何かの意図もなく」「何故かわからないが」

用法

「何気に怒っている」

「何気にかわいい」

「何気に見ている」

関連書籍

ありえない日本語 (ちくま新書)

ありえない日本語 (ちくま新書)

*1連用形「何気なく」)から派生した誤った新しい日本語の用法の一つ

*2岩波国語辞典(第五版)「なにげ」の項によると、「副詞的用法『何気無く』を『何気に』と言うのは1995年頃からの誤用