何番煎じ

一般

何番煎じ

なんばんせんじ

使い古された、ありふれていて新味が感じられない趣向。似た意味を持つ用語「二番煎じ」が既存のものを真似たやり方を指すのに比べて、何度見かけたかわからないくらい使い古されたやり口に対して用いられる。

何番煎じかわからない」の形でしばしば用いられる。