スマートフォン用の表示で見る

何苗

社会

何苗

かびょう

中国後漢の人物(? - 189年?)。大将軍何進の義理の弟で、霊帝皇后の何氏(霊思何皇后)の同母兄。

生母(舞陽君)は何真(何進、何氏の父)の後妻で、何真との結婚以前に朱姓の男との間に出来た男子であり、何進との血縁関係はない。

妹が霊帝皇后となると、何進と共に重用されるようになり権勢を振るい、位は車騎将軍?まで上った。

霊帝の死後、少帝劉弁、生母は何氏)が即位して外戚として実権を握った何進宦官十常侍と対立すると、何苗は何太后や舞陽君と共に十常侍の味方をした。何進十常侍に暗殺されると、軍勢を率いて何進の部下の呉匡袁紹らと共に宮中に入ったが、何苗はそれまでの対立から呉匡らに憎まれており、かえって呉匡の攻撃を受けて殺害された。

リスト::三国志関連