スマートフォン用の表示で見る

加賀一向一揆

社会

加賀一向一揆

かがいっこういっき

加賀一向一揆(かがいっこういっき)

1488年、加賀本願寺門徒の僧侶・国人・農民ら20万人が、守護・富樫政親を倒し、以後90余年にわたって本願寺門徒らが中心となり加賀一国内を支配・運営した一揆織田信長との石山戦争の敗北による石山本願寺の陥落などにより、一揆は解体・沈静化された。