一般

加治田衆

かじたしゅう

加治田衆とは、加治田城城下町の住居者、出身者、城主に仕える者、又は、領国においての住居者、移住者、出身者を言う。城主も含まれる。

氏族

斎藤氏、長沼氏、西村氏(天池氏)、平井氏、佐藤氏、岸氏、大島氏、西尾氏、前田氏、金田氏、坂津氏(白江氏)、井戸氏、梶田氏、梅村氏、湯浅氏。

歴史

古代より街道で重要な位置にあり城下町として栄え、歴史的にも白華山清水寺?があり、重要な場所であった。戦国時代においては織田信長に味方し、美濃国攻略の礎を築いた。後、斎藤道三からの美濃斎藤家後継者の居城としての領土となり、親衛隊のような強力な軍隊と、優れた能力の人物が揃う。

戦国時代以降も昭和初期まで地域の中心として発展した。文化的歴史の発展にも貢献した。現代も子孫が残り、古代の古墳遺跡も多く、半布里戸籍渡来人の集村としても歴史が深い。

氏族は全国に広がり、蓮与の子は速水守久等、速水氏の繁栄の基を築いた。

鍛冶で刀剣や、教育剣道政治農業宗教で現在においても続いている。

子孫?

木村小舟(児童小説家)、中村敬一(政治家)、加藤七衛門(剣道家)、坂井賢一(剣道家・政治家)、金田英太郎(教育者、政治家)、板津宇平治(政治家)、丹羽修二(刀工)、板津徳次(政治家)、天池治彦(宗教家、自営業)、後藤安弘(僧、教育者)

他。

目次