加太こうじ

読書

加太こうじ

かたこうじ

1918〜1998 紙芝居作家、評論家。

東京浅草出身。14歳で紙芝居画家となり、永松武雄から引き継いで描いた『黄金バット』など、紙芝居業界崩壊まで紙芝居界の第一人者として活躍。

紙芝居衰退後は大衆芸能評論家に転ずる。のち、「思想の科学」社の社長もつとめた。