スマートフォン用の表示で見る

加藤の乱

一般

加藤の乱

かとうのらん

2000年11月末に起きた政変。

自民党宏池会会長(当時)で、幹事長経験者の加藤紘一が、野党が提出した森喜朗総理に対する不信任決議案に乗ろうとするも、断念した事件・

不信任案そのものは通らなかったものの、森退陣を明確に方向付け、小泉内閣成立へとつながることになる。