スマートフォン用の表示で見る

加藤一二三

ゲーム

加藤一二三

かとうひふみ

将棋棋士1940年1月に福岡県で生まれ、1954年8月にプロ入り。以後、順位戦で毎年昇級を重ね、1958年4月に18歳にしてA級八段となり、「神武以来の天才」と呼ばれる。1982年に初めて名人位を獲得。タイトル通算8期。また、敬虔なクリスチャンでもある。

「対局中の食事はいつもうな重」、「正座すると床に付きそうな長いネクタイ」など独特なこだわりでも知られる。