加藤慶二

加藤慶二

(読書)
かとうけいじ

ドイツ文学、比較文学者、筑波大学名誉教授。1935年6月8日東京生まれ。慶應義塾大学文学部独文科卒、1964年同大学院博士課程満期退学、信州大学文理学部助手、66年同人文学部講師、68年助教授、筑波大学助教授、教授、99年定年退官、名誉教授。

著書

  • 『ドイツ・ハイク小史 比較文学の視点より』永田書房 1986

翻訳

  • ゲルハルト・プラウゼ『天才の通信簿』丸山匠共訳 講談社 1978 のち文庫
  • ギュンター・クリンゲ『朝の森に 第四句集』H.ツァヘルト共訳 緑地社 1980
  • ゲルハルト・プラウゼ『天才のプライバシー』丸山匠共訳 講談社 1981
  • ギュンター・クリンゲ『イカルスの夢 第五句集』永田書房 1986
  • ギュンター・クリンゲ『石庭に佇つ 第六句集』永田書房 1990

新着ブログ: 加藤慶二