スマートフォン用の表示で見る

加納真実

アート

加納真実

かのうまみ

大道芸

注 : 加納真美ではありません。

シンジツと書いてマミと読みます。 まだまちがえる人がいます。

広島県出身。

1994年腰痛その他の理由でパントマイムから離れていたが、リハビリがてら山本光洋氏の

以後、約5,6年、適当に楽しみながら通う(冬以外)。

1995年同じ舞・夢・踏の島留美(ぽっか)、村田朋未(バ−バラ村田)と共に、マイムユニット

この頃、藍義啓氏の公演に出してもらったのをきっかけに、舞台が好きになり始める。

マイムワ−クショップに通い始める。

2002年東京都の「ヘブンア−ティスト」になってから、路上パフォ−マンス(大道芸)に目覚め始める。この頃、ピエロの「マミマミ」として、イベントの仕事もちらほらと始める。

「水中三姉妹」結成。 舞台を中心に活動を始める。

2003年「日テレ ART DAIDOGEIグランプリ」 で、スペシャルア−ティスト賞という、人生で初めての賞をもらい、お調子に乗る。

2004年7月自分とパントマイムとの関係が、のっぴきならないことになっていることに、気づく。