可能表現

一般

可能表現

かのうひょうげん

定義

可能を意味する表現。主体の能力による「力量可能」と持てる条件による「状況可能」に分けられる。

「力量可能」と「状況可能」の関係は、自発動作に注目する<主観>と作用対象に注目する<客観>の違いに通じる。可能表現を自力による<主観>と受身からくる<客観>とに分けるために【れ足し言葉】が発生している。

日本語の可能表現

動詞の可能形         →主観と客観の両方が基本。客観が‘れ足し’になりがち。

可能の助動詞:「れる、られる」→受身に由来する客観的な可能

可能動詞「出来る」        →出現を周りから見る客観的な可能

れ足しの用例

立てる(力量可能) 正当→立てれる(状況可能)

勝てる(力量可能) 誤用→勝てれる(状況可能)

飲める(力量可能) 誤用→飲めれる(状況可能)

中国語の可能表現

『会』:自力会得 能力を身につけている

『能』:条件可能 能力を実現できる  

『可以』:許可  規則で許されていること