可部線

地理

可部線

かべせん

可部線は、広島県にある、西日本旅客鉄道JR西日本)の鉄道路線地方交通線)。

横川-あき亀山間15.6kmで、運行系統上は山陽本線の広島-横川間を含む広島-あき亀山間18.6kmをさす。全線直流電化。ラインカラーは青、路線記号はB。

広島市北西部への通勤通学路線として機能している。一時期は広島県北西部まで伸びていたものの、2003年に廃止されている。

駅・接続路線

駅名よみ
“えき”は略
接続
広島駅ひろしま山陽新幹線
山陽線(三原方面)/呉線/芸備線
広島電鉄市内線
新白島駅しんはくしまアストラムライン
横川駅よこがわ山陽線(岩国方面)
広島電鉄横川線
三滝駅みたき-
安芸長束駅あきながつか-
下祇園駅しもぎおん-
古市橋駅ふるいちばし-
大町駅おおまちアストラムライン
緑井駅みどりい-
七軒茶屋駅しちけんぢゃや-
梅林駅ばいりん-
上八木駅かみやぎ-
中島駅なかしま-
可部駅かべ-
河戸帆待川駅こうどほまちがわ-
あき亀山駅あきかめやま-

沿革

1909年12月大日本軌道広島支社 横川駅祇園駅(現・下祇園駅古市橋駅間)間開業 軌間762mm、非電化
1910年11月同 祇園駅古市橋駅間開業
1910年12月同 古市橋駅太田川橋駅(現・上八木駅)間開業
1911年6月同 太田川橋駅−可部駅間開業
1919年3月可部軌道に譲渡
1926年5月広島電気に譲渡
1930年1月全線の改軌(1067mm)・電化完成
1931年7月広浜鉄道譲渡
1935年12月軌道から鉄道に変更
1936年9月国有化
1936年10月可部駅安芸飯室駅間開業(非電化
1946年8月安芸飯室駅−布駅間開業(非電化
1954年3月布駅−加計駅間開業(非電化
1969年7月加計駅−三段峡駅間開業(非電化
1987年4月国鉄分割民営化によりJR西日本が承継
2003年12月可部駅三段峡駅間廃止
2015年3月ラインカラーと路線記号を導入
2017年3月可部駅-あき亀山駅間開業


リスト::鉄道路線