スマートフォン用の表示で見る

夏バテ

一般

夏バテ

なつばて

夏バテ

夏の盛りに、暑さのために食欲が減退したり(自律神経に起因する)、冷たい水分の摂りすぎで体調をくずしてしまったり、内臓の機能が低下してしまう(クーラーなどで身体を冷やし過ぎて)などの症状の総称。夏バテ。暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもある。

症状

  • 全身の疲労感
  • 体がだるい    
  • 無気力になる
  • イライラする    
  • 熱っぽい
  • 立ちくらみ・めまい・ふらつき
  • むくみ
  • 食欲不振
  • 下痢便秘

夏バテになってしまったら

  • 疲労回復に効果のある3種類の食材をとる。
  • 食欲がない時は
      • 涼しい時間帯に作り置きして、冷やして食べたりする。
  • 夏バテで寝れない時
    • シャワーより身体が休まるお風呂の方がよい
    • 長風呂や熱すぎる風呂はまた汗をよび、さっぱり感より不快感を感じてしまうので、ぬるめのお風呂につかって、汗が出る直前に上がる。

夏バテの原因

夏バテの原因は、暑さよりむしろ湿度なのだという。

暑さで汗をかくと皮膚がベタつき、この不快さが自律神経に影響、内臓器官のはたらきを低下させ、胃腸が活発にはたらかなくなり、食欲減退に至る。

これに暑い夜の「眠れない」がかさなり、次第に体力が落ち、元気がなくなる。

などのほか、「google:夏バテ 対策」へ。