夏侯淵

一般

夏侯淵

かこうえん

字は妙才。三国志の英雄。

夏侯惇の従兄弟。早くから曹操に仕えた。

急襲を得意とする勇猛な将として知られ、数々の戦功を上げた。勇猛すぎるきらいがあったためか曹操には「時には臆病さも必要だ」と、その勇猛さを諌められる事もあった。

結果的にその懸念は的中してしまい、定軍山で黄忠に討たれ、戦死した。