スマートフォン用の表示で見る

夏目雅子

映画

夏目雅子

なつめまさこ

女優。1957年12月17日生まれ。夫は作家の伊集院静

カネボウ化粧品キャンペーンガールで注目を集める。

絶世の美女ながら、男である西遊記三蔵法師役はハマリ役。役作りのため実際に剃髪した。

映画『鬼龍院花子の生涯』での「なめたらいかんぜよ!」という台詞が流行語となった。

1985年9月11日、急性骨髄性白血病で他界。享年27。


夏目雅子27年分の笑顔

夏目雅子27年分の笑顔