スマートフォン用の表示で見る

家永三郎

一般

家永三郎

いえながさぶろう

歴史学者東京教育大学名誉教授。

1913年名古屋市生まれ。2002年没。

東京大学文学部国史学科卒。専攻は古代史(仏教思想、倭絵)。

1946年、最後の国定日本史教科書『くにのあゆみ』の編纂を手がける。(なお、この教科書は左翼陣営から「皇国史観の残滓がある」「民衆の自治や抵抗の歴史が描かれていない」等の批判を受けた。)

1948年日本学士院賞を受ける。

その後近代史の研究に比重を移し、主として自由民権運動などの、自由主義者民主主義者の思想的研究を行う。

社会科日本史教科書の著者として、南京大虐殺731部隊沖縄戦などの記述を認めなかった文部省(当時)に対し、現行教科書検定は「教育行政の正当なわくを超えた違法の権力行使」であり、憲法の禁ずる検閲に当たり違憲であるとして三次裁判を起こした。この裁判は家永訴訟?と呼ばれる。

リスト::学者::人文科学

著書

一歴史学者の歩み (岩波現代文庫)岩波書店,2003

植木枝盛研究岩波書店,1960