家忠日記

読書

家忠日記

いえただにっき

日本の江戸時代の著書。深溝松平家の第4代当主である松平家忠の日記である。