スマートフォン用の表示で見る

歌川広重

アート

歌川広重

うたがわひろしげ

画家。

1797-1858

世界的に有名な絵師安藤広重とも。

火消し同心・安藤源右衛門の子として生まれる。

同心という身分でありながら絵に興味を抱き、歌川豊広?に入門し、やがて広重を名乗って作品を発表するようになった後は家督を養子に譲り、自らは画家として生計を立てるようになる。

最初は当時流行していた美人画などを描いていたが、1833年に発表する「東海道五十三次」で大ブレイクした彼は、北斎と共に風景浮世絵師としてその名を轟かせた。