河越城の戦い

社会

河越城の戦い

かわごえじょうのたたかい

河越城の戦い(かわごえじょうのたたかい)

戦国時代の1545〜1546年、北条氏康軍8千と上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏連合軍8万余りが武蔵国河越城の付近で戦闘し、北条軍が逆転大勝利を収めた。関東の政局を決めた大きな戦いであり、桶狭間の戦い厳島の戦いとともに日本三大夜戦に数えられ、(河越夜戦)とも呼ばれている。