スマートフォン用の表示で見る

河口俊彦

ゲーム

河口俊彦

かわぐちとしひこ

将棋棋士。七段。小堀清一九段門下。

1936年横須賀市生まれる。2015年1月30日、死去。

1978年より専門誌に「対局日誌」連載を始める。「棋士の思考は指し手に宿る」という信念に基づき、将棋と人間分析を結びつけた独特の論考でファンを魅了する。