スマートフォン用の表示で見る

河上丈太郎

一般

河上丈太郎

かわかみじょうたろう

1889年1月3日1965年12月3日東京都出身。

衆議院議員右派社会党委員長日本社会党委員長を歴任した。

敬虔なクリスチャンだった河上は、1928年の第1回普通選挙初当選。戦後の公職追放を経て、1952年に返り咲き。温厚な人柄で知られていた。彼は唯一の太平洋戦争で政治を混乱させた責任を認めたことでも知られている。社会党委員長時代に遊説中に倒れ、病と闘いながら政治活動した。そのため、委員長辞表は息子の民雄が提出したと言われている。1965年に亡くなる直前に永年勤続表彰を受けた。息子は衆議院議員社会党国際局長をつとめた河上民雄。

(略歴の部分はウィキペディアから引用)