スマートフォン用の表示で見る

河竹黙阿弥

アート

河竹黙阿弥

かわたけもくあみ

幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎作者(1816-1893)。

七五調のリズムのある台詞に特徴があり、生世話物白浪物を得意とした。

代表作に「十六夜清心」「三人吉三廓初買」「青砥稿花紅彩画」「蔦紅葉宇都谷峠」「御所五郎蔵」などがある。