河東碧梧桐

読書

河東碧梧桐

かわひがしへきごどう

俳人明治6(1873)年−昭和12(1937)年 松山市生まれ。本名秉(へい)五郎。

明治20年、伊予尋常中学に入学。高浜虚子とは同級。

明治22年、帰省した子規から野球を教わったことがきっかけとなり,俳句にたずさわることになる。

子規没後は新聞「日本」俳句欄の選者となったが、明治38年頃から,「新傾向俳句」に走り,全国遍歴の旅にでてその傾向を強めた。その時の紀行文が「三千里」である。

やがて「守旧派」の虚子と対立するようになる。

昭和8年還暦を機に俳界から引退。昭和12年没。享年65歳。