河鍋暁雲

河鍋暁雲

(アート)
かわなべきょううん

日本の江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師。河鍋暁斎の子。
父親の画風を継承して肉筆浮世絵を描いた。

新着ブログ: 河鍋暁雲