河野雅彦

音楽

河野雅彦

こうのまさひこ

トロンボーン奏者

1951年12月7日 神奈川県川崎市生まれる。

1966年 高校入学と同時にフルートを始める。

1971年 和光大学在学中、友人のピアニスト大沢善人に紹介されて近藤等則と出会う。

以降、近藤についてトランペットに熱中する。時には大学のグラウンドで蝉と競演して、最後に一礼したこともあった。

1976年 もう少し低い音が出したかったことと、身体的に向いていることから、楽器をトロンボーンに持ち替える。

この頃、トロンボーン奏者のポール・ラザフォード、ジョージ・ルイス、ラズウェル・ラッドの録音を聴き、トロンボーン・サウンドの可能性を確信する。

即興音楽グループ「TREE」を結成。2サックス、ギター、トロンボーンの編成で約1年間、全国各地で公演を行う。

同時に近藤、高木元輝(サックス)、土取利行(パーカッション)、吉沢元治(ベース)、小杉武久ヴァイオリン)等、日本におけるインプロヴィゼイションの先駆者たちと共演する機会を得る。

この頃、ふとしたことから雅楽龍笛に親しむようになる。

1980年秋 初めてニューヨークを訪れ、3ヶ月滞在。この間、ミルフォード・グレイヴス(ドラムス)、ビリー・バング(ヴァイオリン)、ウィリアム・パーカー(ベース)、エリオット・シャープ(ギター)らと共演する。

帰国後、近藤、羽野昌二(ドラムス)、板橋克郎(ピアノ)らと演奏ツアーをする一方、ビリー・バング、ポール・ロヴンス(ドラムス)、デレク・ベイリー(ギター)らと日本ツアーを行い共演する。

京都において、日本で初めて行われたミュージック・インプロヴァイザーのミーティングに参加。50余名のミュージシャンが一同に会し、3日3晩演奏した。

1983年夏 ヨーロッパ経由でメキシコに向かう途中、ニューヨークに立ち寄り、そのまま居住する。ジョン・ゾーンサックス)主催のスペース「セイント」でのコンサートで、ジョンとフレッド・フリス(ギター)のデュオに誘われたことがきっかけだった。

1984年 ウィリアム・パーカーのオーケストラの一員として、クール・ジャズ・フェスティヴァル (Kool Jazz Festival) に参加。

1985年 ジェミール・ムーンドック(サックス)のジャス・グルー・オーケストラ (Jus Grew Orchestra) に参加。1990年まで続く。

1987年 ケン・マッキンタイヤー(ドラムス)、ウォーレン・スミスパーカッション)と共に、ニューヨークのFM放送局WKCRに生出演する。

秋には、「キッチン」で開かれた「New Music from Japan」と題するジョン・ゾーンのプロデュースによるフェスティヴァルに、ジョージ・ルイスとのトロンボーンデュオで出演。

1989年 ウィリアム・フッカー(ドラムス)のレコーディング・セッションに参加。後に「The Firmament Fury」というタイトルでCDリリースされる。

米国永住権を取得する。

1991年12月〜1992年1月

日本に滞在し、吉沢元治、小杉武久と共演する。

1992年秋

メキシコのワハカ (Oaxaca) に行き、2週間余り滞在する。これは10年来の念願だった。町の中心にあるソカロ(小さな公園)やモンテ・アルバン (Monte Alban) の遺跡でソロ演奏を行う。この訪問での様々な体験から、即興演奏にとって本質的に重要な何かを得たという実感を持つ。「Mexico」というテープ作品に現地でのいくつかの演奏が収められている。

1990年代前半 ウィリアム・フッカーのバンドと、エレン・クリスティ(ヴォーカル)+フィオレンゾ・ソルディーニ・クインテットにしばしば参加する。

1991年 1月、クリスティ+ソルディーニ・クインテットのレコーディング・セッションに参加。後にCD「A Piece of the Rock」としてリリースされる。

1993年 エレン・クリスティ・バンドの一員として、イタリアオーストリア北米ツアーを行う。

ボリス・レイスキン(チェロ)と約1年に亘って、「エレクトロニクスとアコースティック」のコンセプトで、頻繁に演奏を行う。

この頃から、ホセ・ハラク(作曲、ヴォイス)との共同作業が始まる。

1994年 ウィリアム・パーカーのリトル・ヒューイ・クリエイティヴ・ミュージック・オーケストラ (Little Huey Creative Music Orchestra) に参加。

1995年 セシル・テイラーピアノ)のビッグ・アンサンブルに度々参加するようになる。

ニューヨーク在住の加藤英樹(ベース)とよく共演するようになる。

1996年 6月、ニューヨークの 21st Century Arts Festival に加藤、ハラクを含むカルテットで出演。

10月12日、横浜ジャズプロムナードでソロ演奏を行う。

1997年 5月27日〜6月1日にニューヨークで開かれた Vision Festival に、ウィリアム・パーカーのリトル・ヒューイ・オーケストラおよびブッチ・モリスのオーケストラのメンバーとして出演する。

6月19日、アルゼンチンブエノスアイレスでのフェスティヴァル Experimenta '97 に、ハラク、加藤、河野、ジェイソン・サーカー(ヴィブラフォンパーカッション)のクインテット「SCREAM」と、加藤とのデュオで出演。

10月11日、横浜ジャズプロムナードに、ミシャ・メンゲルベルクピアノ)、豊住芳三郎(ドラムス)とのトリオで出演。

1998年 5月31日、イタリアヴェローナでのフェスティヴァルにウィリアム・パーカーのリトル・ヒューイ・オーケストラの一員として出演。

10月10日、横浜ジャズプロムナードで、羽野昌二ペーター・ブレッツマン(サックス)とのトリオで演奏。

10月11日、横浜ジャズプロムナードで、板橋文夫ピアノ)のセッションに参加。

11月7日、ニューヨークブルックリンGalapagosでの無声映画即興演奏のイヴェントに、ホセ・ハラク(サンプラー)、ケン・バトラー(ハイブリッドストリングス)とのトリオで出演。映画は衣笠禎之介監督「くるったいちページ」(1926年)。

1999年 1〜2月、ニューヨークラママなどで人形劇「Lusalka」をウィリアム・パーカーのオーガニック・シアター・アンサンブル (Organic Theatre Ensemble)で20回公演。

1月30日、ウィリアム・パーカーのリトル・ヒューイ・オーケストラの一員としてリンカーン・センターのAlice Tully Hallで演奏。