スマートフォン用の表示で見る

火砕流

サイエンス

火砕流

かさいりゅう

[英] Pyroclastic Flows

火砕流とは、火山灰や岩塊、空気や水蒸気が一体となって、急速に山体を流下する現象

規模の大きな噴煙の崩壊や、溶岩ドームの破壊などにより発生する。火砕流の速度は時速数十kmから数百km、温度は数百℃に達し、火砕流発生後の脱出は不可能とされる。

大規模な場合は地形の起伏にもかかわらず広範囲に広がり、埋没、破壊、焼失させ、破壊力が大きくきわめて恐ろしい火山現象である。

なお、噴火との直接の因果関係や温度等は関係ないため火山扇状地で発生する土石流*1もこれに含まれる。

*1雲仙普賢岳火砕流で死傷者43人を出した1991年や1792年の島原大変肥後迷惑など。