スマートフォン用の表示で見る

火星人

読書

火星人

かせいじん

かつて火星に居住していると信じられたことのある、想像上の知的生命体。一般に、重力が小さく酸素の少ない環境に合わせ、細い四肢と大きな肺を持つとされる。典型的な姿は蛸か海月のようなもの。1868年出版のH.G.ウェルズSF小説宇宙戦争」がタコ型火星人の原点。火星表面にできる溝のような模様が「運河」と訳されたことから、運河を建設する知的生命体の存在がまことしやかに語られたのが始まり。

リスト::天文学

幸福の科学

昼夜の寒暖の差が激しい惑星。現在、生物のほとんどは地下の都市に住んでいるとされる。

【ニワトリ型】全長約1m。卵を産む。

【タコ型】全長約10m。その他、恐竜型がいる。

知能は高いが、自慢する心や、競争心が非常に強いとされている。