火打城の戦い

社会

火打城の戦い

ひうちじょうのたたかい

火打城の戦い(ひうちじょうのたたかい)

1183年、木曽義仲に不穏の動きを見て平家方の三位中将・維盛、越前三位・通盛を大将とし、10万余騎の大軍で火打城を攻めた。義仲は守将・平泉寺長吏斎明に命じ5千余騎で篭城させたが、大軍に怖じ気づき、内応したため、城は安易に陥落した。火打城は義仲にとって越前の防衛線であったため、勝った平家軍は加賀へ侵攻、義仲方の諸城を焼き払うと越中へなだれ込み、般若野合戦に続くこととなる。