火付盗賊改方

社会

火付盗賊改方

ひつけとうぞくあらためかた

日本の江戸時代にあった幕府の役職の1つ。主に重罪である火付け(放火)や盗賊、賭博を取り締まった。本来は臨時の役職で、御先手組頭や持組頭などから選ばれた。