スマートフォン用の表示で見る

火襷

アート

火襷

ひだすき

焼き物の手法の一種。備前焼などで用いられることが多い。

藁(ワラ)を巻き鞘などに詰め直接火の当たらない場所で焼くことによって、生地全体は白く、藁のあった部分は赤い模様になる。赤と白のコントラストが端麗で人気も高い。