スマートフォン用の表示で見る

禍津日神

一般

禍津日神

まがつひのかみ

日本の神話に登場する神の1つ。神産みで、黄泉から帰ったイザナギが禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに生まれた神である。

古事記」では八十禍津日神大禍津日神の二神、「日本書紀」の第五段第六の一書では八十枉津日神枉津日神の二神としている。