スマートフォン用の表示で見る

花形満

マンガ

花形満

はながたみつる

巨人の星」の登場人物。星飛雄馬のライバルの一人。

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは一塁手背番号は10→3番。

初登場時は投手を狙い撃ちするノックアウト打法で怪我をさせていたが、星飛雄馬と対戦して真の野球に目覚める。

紅洋高校に進学し、甲子園に出場。

1968年ドラフト上位で阪神タイガースに入団。

藤本定義の命により、藤村富美男永久欠番10を背負う。

1年目より一軍出場、

2年目の1969年4番打者として定着。

大リーグボール1号、大リーグボール2号を攻略。

オフにはスポーツカーを乗り回し、父親からは家業の自動車メーカーを継ぐように勧められる。

一方で、ライバルに勝つために血のにじむような努力を惜しみなく行うが、何をやっても常に超一流で華のあるキャラとして描かれた。1号攻略は「鉄球鉄バット特訓」、2号攻略は「雪玉ボール特打ち」という奇抜な方法を取り、どちらも攻略法に直結した。3号攻略の糸口を掴むも「目には見えない血染めのボール」と見抜き、飛雄馬の勝負への執念に驚愕した。

1973年、現役引退。

1975年星明子と結婚。

1976年、広岡監督率いるヤクルトスワローズにて現役復帰。

1978年、「燕返し打法」を生み出し、大リーグボール右1号を攻略。リーグ優勝に貢献。

1979年、燕返し打法取得による後遺症により、2度目の現役引退。