スタルヒン球場 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

花咲スポーツ公園硬式野球場

はなさきすぽーつこうえんこうしきやきゅうじょう

花咲スポーツ公園硬式野球場は、北海道旭川市が所有し、旭川市公園緑地協会?が管理・運営を行っている、花咲スポーツ公園にある野球場。通称は「スタルヒン球場」。

北海道日本ハムファイターズが地域密着の一環で主催試合を行っている。読売ジャイアンツ*1もここで主催試合を行っていた。高校野球・北北海道地区の予選のメーン会場として知られる。

沿革

1932年に旭川市営球場として開業。

1982年9月23日、ヴィクトル・スタルヒンの功績にちなんで「スタルヒン球場」と命名され、命名式が行われた。

1991年、公園の名称を花咲スポーツ公園と改称したことに伴い、野球場の正式名称も花咲スポーツ公園硬式野球場となった。

1984年4月1日、改築。

2013年、夜間照明を設置してナイター試合が可能になり、北海道内初となるプロ野球の屋外ナイトゲームを開催した。

諸元

設置
1984年4月1日
面積
25,300m²
グラウンド
内野:面積13,300m²、黒土、外野:天然芝、両翼95m、中堅120m
ナイター照明
6基
収容人員
25,000人(内野:10,000人、外野15,000人)

*1日本ハム北海道移転前