スマートフォン用の表示で見る

花山信勝

読書

花山信勝

はなやましんしょう

花山信勝1898年 - 1995年)は、仏教学者、浄土真宗本願寺派の僧侶。東大名誉教授。

金沢市生まれ。東京帝国大学印度哲学科、大学院で日本仏教史を専攻し、東洋大学教授、東京大学文学部教授、國學院大學教授等を歴任する。1935年、『聖徳太子御製法華経義疏の研究』で学士恩賜賞を受賞。1946年2月から巣鴨拘置所教誨師となり、東條英機ら七人のA級戦犯の処刑に立ち会い、その時の模様を『平和の発見−巣鴨の生と死の記録』(のち中公文庫巣鴨の生と死』)に記した。