花登筺

映画

花登筺

はなとこばこ

放送作家・演出家・作家。1928年〜1983年

滋賀県生まれ。若い頃から戯曲・放送台本を書きまくり、59年、毎日放送系の連続テレビコメディ、「番頭はんと丁稚どん」が大人気を呼んだ。

以後、スターになった大村崑主演の「とんま天狗」、「銭の花?」「どてらい奴?」「細うで繁盛記?」などのヒットドラマを続々執筆 、演出する。

新珠三千代主演「細うで繁盛期」(70年、読売テレビ系)は、根性もののお手本として、後続のドラマに大きな影響を与えた。

年譜

昭和3年: 3月12日生まれ。大津市上北国町。父、川崎安之助、母、アサの次男(5人兄弟末子)

のちに花登家へ嫁いだ姉八重の養子。

昭和26年同志社大学商学部卒業。大阪船場の綿糸問屋田附商店入社、東京支社へ配属

昭和28年:田附商店を退社。重症の肺結核のため喀血、入院。

昭和29年:民放ラジオのディスクジョッキーの台本担当、東宝直営のOSミュージックホールの構成兼演出も担当

昭和33年:4月6日、旧大阪テレビ*1で「やりくりアパート」がスタート

昭和34年

  • 3月9日〜「番頭はんと丁稚どん」:毎日テレビ 以後計88本。
  • 9月2日〜「とんま天狗」:読売テレビ 以後計70本。
  • 12月、中座の松竹新喜劇で「星は何でも知っている」上演。

昭和41年:「柚子家の法事」(関西テレビ)で芸術祭文部大臣特別奨励賞

昭和43年大阪芸術賞。

昭和45年:「細うで繁盛期」(読売テレビ)。

昭和48年: 「どてらい男」(関西テレビ)。

昭和51年:「花ぼうろ」(読売テレビ)「あかんたれ」(東海テレビ)。

昭和56年: 「やらいでか」(東海テレビ)。

昭和57年滋賀県ブル−レ−ク賞。

昭和58年:10月3日、東京の病院にて逝去。享年55歳。

墓所京都市岩倉妙満寺

*1:のちの朝日テレビと毎日テレビ