花名刺

花名刺

(一般)
はなめいし

京都の舞妓・芸妓が、大切な人だけに心をこめて渡す名刺のようなカード。
自分の源氏名を書いた千社札を渡していたのが始まりとされている。