スマートフォン用の表示で見る

荷田春満

読書

荷田春満

かだのあずままろ

(1669〜1736)

江戸中期の国学者歌人。姓は羽倉とも。

京都伏見稲荷神社の神官、国学四大人の一人。

記紀・万葉、有職故実を研究、復古神道を唱えた。

弟子に賀茂真淵・荷田在満などがいる。


著書は「万葉集僻案抄」「万葉集訓釈」「日本書紀訓釈」「創学校啓」、歌集「春葉集」など。