スマートフォン用の表示で見る

華頂宮

社会

華頂宮

かちょうのみや

かつてあった日本の皇室宮家の1つ。

慶応4年1868年)に伏見宮邦家親王の第12王子の博経親王によって創設された宮家だったが、1924年(大正13年)に断絶し、華頂侯爵家が祭祀を承継した。

屋敷

現在の東京都港区三田四丁目16番20号にあった。現在は屋敷跡は児童公園(亀塚公園)となり一般に開放されている。

また、鎌倉市には1929年に建設された「頂博信侯爵邸」がある。1996年に鎌倉市が土地と建物を取得し、通称「旧華頂宮邸」として庭園部分が一般に公開されている。